このところフェイ―チャーされてるマヌカ蜂蜜ですが、粗悪品とも言える偽物が多数販売されています。

本物のマヌカハチミツは、ニュージーランドのマヌカの木から摂れるはち蜜だけで、マヌカハニーにしかない強力な抗菌成分が入っています。生産地も限られ製造工程も自然に逆らわない手法で、生産量が僅かなため、一般的なハチミツよりも高額になる傾向になるだといえるのです。このため、偽物や抗菌作用を偽証して販売する業者が増え、本物だと勘ちがいして注文する人も少なくありません。生体肝移植をうけた人は、ボツリヌス菌(Clostridium botulinum)が混入したはちみつを食べると危険です。

というのも、自己の免疫を抑えるクスリを飲んでいるからです。免疫の力を弱くする薬な訳ですから、蜂蜜にふくまれるボツリヌス菌をやっつけることが出来ません。
つまり、ボツリヌス症になる危険性が高い訳です。付け加えておくと、強い抗菌作用でお馴染みの、マヌカハニーにも一緒のことが言えます。

話題のマヌカハニーと普通のハチミツのちがいですが、メチルグリオキサールというマヌカ独自の強い殺菌成分が入っている点です。

普通のはちみつにも、多少の殺菌作用がありますが、ピロリ菌などをもやっつける、マヌカ独自の強力な殺菌作用を有しています。

オーストラリア、ドイツ、ニュージーランドといった国々では、高レベルの抗菌活性力のマヌカハニーについて、医療むけハチミツとして定義づけし、医療の現場で患者さんに処方されています。
耐性菌にも効果があっ立という研究結果もあり、マヌカハニーには耐性を創れないとの研究結果も出ています。話題のマヌカハニー原産地はニュージーランドですが、マオリ語で「マヌカ」と呼ばれる木の原産地は、植物学者によると、オーストラリア(Australia)で生まれた沿うです。
マヌカという言葉自体はマオリ族の言葉なのですが、同じ成分の蜂蜜が採取できるという理由で、マヌカハニーの商標を争っています。

ただし、現在のところ、ニュージーランド原産のものだけが、安心して選ぶことのできる本物だと断言できます。
入れ物から直接蜂蜜を食べるとき、まあ、だいたい匙を使用すれば思うのですが、その匙が金属製であった場合、抗菌力が弱くなるみたいなんです。

本当に抗菌力が低下するかどうかはしりませんが、とりあえず、木製や陶器のスプーンを使う人が多いようです。

強力な抗菌作用が売りのマヌカハニーにはもっと敏感に反応が出ていて、木製スプーンがセット販売されていたり、マヌカハニーの通販サイトにも金属のスプーンは止めた方が良いと書いてる場合があります。

高純度の蜂蜜やマヌカハニーを摂取する時は、陶器や木製など、金属製以外のスプーンを使用するのが無難だといえるのです。品質の良いはち蜜の条件は、まず、無添加であること、もうひとつは、非加熱処理であることなどが考えられます。
簡単に言えば、純粋な蜂蜜が最高品質であるという話なんです。

ハチが集めたミツを抽出し、手を加えず、不純物を取り除いた程度のはちみつこそが高級品なんです。マヌカハニーに関しても同様で、高級なものほど完全オーガニックです。

乳児期に蜂蜜を食べ指せないようにしましょう。

蜂蜜にはボツリヌス菌が入り込んでいる場合があり、間違って食べ指せた場合、乳児ボツリヌス症になるリスクが高いでしょう。腸内環境が整った成人ならボツリヌス菌(Clostridium botulinum)が腸内で不活性化するのでノープロブレムですが、未発達な腸内環境のお子さん(1歳未満)は、ボツリヌス菌をやっつけることが出来ないので、蜂蜜を食べ指せてはいけないと、厚生労働省も注意喚起しています。高い抗菌作用が話題のマヌカハニーも同じで、まだ1歳未満の場合は絶対に与えないようにしましょう。マヌカハニーなら殺菌力が強いので5歳を超えたくらいが無難です。
購入はこちら⇒tcn マヌカハニーの口コミを調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です