自宅へのホームセキュリティの導入を検討している場合、警備会社の会社概要やパンフレットなどの資料請求をおこないましょう。

初めから営業マンを呼んで見積指せると、上手く言いくるめられて定価で契約指せられかねません。資料請求にはお金もかかりませんし、インターネットで簡単におこなえます。価格はもちろんですが、警備会社の信頼度や詳細な警備プランがわかります。何よりもあらかじめ見積を依頼する会社のことを予習出来るのが良いです。防犯センサーの種類や実際に駆け付けるガードマンの服装など、請求した資料のパンフレットなどで予習しておくことで、警備会社のペースで進められることは無くなるでしょう。

ホームセキュリティ各社の資料請求は全て無料ですので、損することはありません。
会社規模や標準の警備プランなどを知っておくことで、スムーズに本題に入ることができます。防犯のことや安心のためにホームセキュリティをご検討中であるなら、かならず最初に警備会社からの見積が必要になってきます。業界最王手のセコムやALSOKのコマーシャルはご覧になったことがあると思います。ただここで一社だけに御見積もり指せると損をします。

確かにセコムやALSOKは、警備業界のダントツのツートップですが、例としては、ALSOKのCMが面白いからと、最初からALSOKだけに御見積もり指せては損をしてしまう可能性があるんです。

警備会社同士はシェアの奪い合いで競争意識も強いため、相見積をすることで必ず警備料金も安くなります。

セコムの提案が良いと思っていても、アルソックがその上を行って大幅値引きをすることもあります。複数社の相見積もりには、価格だけでなく、ホームセキュリティープランの提案力を伺うこと出来るのです。
見せ掛けだけ価格を下げるために利便性を無視する会社や、高度な警備仕様を特価で提案してくれたり色々見れて検討材料も増えます。ホームセキュリティにおいては、訪問警備診断や打ち合わせのうえ御見積提出まで無料ですので、各社複数パターンの相見積がいいでしょう。

防犯目的でホームセキュリティを検討するとき、警備会社をどこにすればいいか迷います。

やはり各警備会社のホームセキュリティーの機器の特徴やプランぐらいは確認したほうがよいでしょう。資料請求を行なうと、警備料金などの指標が載っているので、比較の参考になります。
なかでも、北海道から沖縄まで全国に拠点を置いているのは、セコムとアルソックの2社になります。

ホームセキュリティのシェアもこの2社が群を抜いている状態で、2社競合がおすすめですが、念のため各社の資料も確認してみることをお薦めします。ズバットホームセキュリティ一括資料請求の中には、「セコム」「アルソック」の他に、「全日警」「関電SOS」「TOKYU SECURITY]があるんです。
警備会社の特徴や、一般的な警備料金が確認できたら複数の警備会社に御見積もりを依頼します。複数の警備会社に相見積もりを取ることで工事代や月額警備料金も安くなり、警備プランも向上する可能性があるんです。
パンフレットや資料は定価ベースなので、相見積もりで競合指せるとすごく安くなります。

ホームセキュリティの見積に関しては全て無料です。

しかも、ホームセキュリティの契約をして、機器の設置工事がしゅうりょうしてからでないと、お金を請求されることはありません。契約を交わすまでは、何回見積もりを出しなおし立としても無料なのです。ホームセキュリティの契約は5年間にのぼります。
ですので、少しでも良いプランを徹底的に交渉することが大切なのです。
ちなみに、お買い上げプランはセキュリティ機器を買い取るプランです。お買い上げプランをチョイスされた場合、機械は全てあなたのものです。
ホームセキュリティの機器を買い上げている理由ですから、解約金も発生しません。
話がそれましたが、幾ら相お見積もりしてもタダなので、妥協せず交渉してみて頂戴。

詳しく調べたい方はこちら⇒ホームセキュリティでセコムとアルソックの比較したら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です