コチョウ欄には様々な種類がありますが、 分け方として、花びらのサイズ違いによるものがあります。

開店祝いなどでよく見られるのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。また、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。
使い分けですが、贈る相手やシーンによって相応しいものが決まっています。

色んなシーンでコチョウ欄を贈りますが、開業など人生の門出だけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。「純粋な愛」を花言葉に持つ胡蝶蘭って、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。こちょうランが広まるきっかけは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、優美で神秘的な美しさが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事に繋がりました。
育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、寒さが苦手なのは、覚えておいた方が良いでしょう。
元々の原産地は東南アジアの暑い地域ですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。

水をあげるのは環境によって1週間~10日に一回程度で、胡蝶蘭の根元の表面が乾燥してきたらコップ1杯程度水やりして下さい。おフラワーを通販で注文するなら、おすすめは、生産者である栽培園から直接発送する、栽培農家直送の通販店を選ぶようにしましょう。何故、産地直送が良いかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、手元に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。
通販で胡蝶蘭を注文する時も同じで、生産者から直接送ってもらう方式がオススメです。
フラワーギフトの場合、ラッピングも大事ですねたとえば、包装をピンク色にするとキュートな印象になりますし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。評価が良い胡蝶蘭の通販ショップでは、全て、無料のラッピングサービスを行っています。

胡蝶蘭を送る時の立札なども、通常セット内に含む通販ショップが多くなってきています。知人がお店を開店する時などでおくる定番は胡蝶蘭ですが、会社同士でないなら、10000円~30000円が相場です。近年では、ウェブサイトを活用する方も多くなり、コチョウ欄を扱う通販サイトもサービスが向上しています。

東南アジアで19世紀に発見されたこちょうランは、明治の時代に国内に持ち込まれたそうです。蝶が舞い降りたような花を咲かせることから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、その美しさや込められた花言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。病院に入院している知人の見舞いとして、 心を落ち着かせる意味で、綺麗な花を持参することがありますが、根が鉢に植わってるものは「根が付く」と、タブー視されています。こちょうランを入院してる人に贈る場合は、根を切り、花束にするなどして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。

そのポイントさえ押さえておけば、胡蝶蘭はフラワー粉もニオイも少ないですから、味気ない病室に癒しをもたらしてくれるものです。
貰ったコチョウ欄が枯れたりしたら、どうやって捨てれば良いか悩んでしまう人も多いみたいです。
そんな時、便利なのが、胡蝶蘭の引き取りサービスなんです。不要になる理由は様々で、胡蝶蘭が枯れてしまったケースや、育てられなくなったなど、どのようなケースにも対応しています。

業者を使わない場合ですが、自分で処分するしかありませんが、手間が掛かっても地域ごとの分別方法に従って細かく仕分けして捨てるしかありません。

胡蝶蘭の育て方ですが、他の花と比べても簡単なほうです。

水やりは頻繁にやらなくても良いし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。

ただ、厳しい寒さには強くないので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。
それと、空調の吹き出し口なども良くないので、置くところには気を付けてあげましょう。気になる胡蝶蘭の価格ですが、 おくるシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。

恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。

どちらにしろ、コチョウ欄の価格がフラワーショップ(小売店)より安いのが通販で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。

ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、生産者からの直送を行っているからです。

胡蝶蘭がフラワーギフトとして選ばれるのは理由があります。一例を挙げるとすれば、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、そしてまた、日持ちの良さや香りの少なさも理由に挙げられます。胡蝶蘭以外のフラワーギフトは、1週間も咲き続けることなく枯れるのが早いですし、これらのことを踏まえると、1ヶ月から2か月も日持ちする胡蝶蘭が人気なのです。

大切な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、やはり、胡蝶蘭を選ぶ人が多いわけです。

スマホで簡単にネットが使える現代では、フラワーギフトの通販サイトも、昨今ではスマホ端末で全部完結させることが可能です。細やかなサービスも充実しているので、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。配送についても言えることで、全国でのスピーディな配達や、条件によっては当日配達まで出来ちゃいます。

フラワーをおくるのも随分と便利になりましたね。参考:胡蝶蘭ならネットがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です