通販のフラワーギフトを使うとき、選ぶ基準としては生産農家から直接届けて貰える、産直を採用している販売店が一番です。
産地直送をオススメするのは何故かというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、手元に届くまでの時間が短縮され、お花が新鮮な事と、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその理由です。
こちょうランのオンラインショップを利用する時も同じで、生産者から直接送って貰う方式がオススメです。多様な種類がある胡蝶蘭ですが、分類すれば、花のサイズ別によるものがあげられるのです。

開店祝いなどでよく見られるのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫こちょうランです。
そして、個人的なプレゼントや、記念日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。選ぶ基準ですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。

ビジネスシーンの設立記念でも、胡蝶蘭を祝花に選ぶことが多いようですが、一般的なマナーについてくらいは、理解しておくべきだと思います。

例えば、胡蝶蘭でも赤系統は、火や火事をイメージさせるので、赤系の胡蝶蘭や赤一色のラッピングは止めてくださいアト、立て札は必ず立てるようにします。多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。

気になる胡蝶蘭の価格ですが、 相手のシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。どちらの場合も、胡蝶蘭の値段が生花店より安いのが通販で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。

これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。

花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、そのシーンに合わせた花言葉の花を選ぶことで、雰囲気で決めたフラワーギフトよりも想いが伝わりますね。

ひとつ例を挙げると、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、全ての品種に共とおするフラワー言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。
一例として胡蝶蘭を挙げましたが、相手側のシチュエーションに合った意味を持たせることで、より心のこもった素敵な贈り物になるはずです。

お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのはわけがあります。ひとつ言えば、見た目の華やかさや豪華さ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日もちの良さもあげられるのです。

一般的な花束などは、直ぐにしおれてしまい日もちしませんし、これらのことを踏まえると、1ヶ月から2か月も日もちするこちょうランが人気なのです。門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、やっぱりコチョウ欄にする人が圧倒的に多いわけです。
胡蝶蘭を贈るのは、お祝い事だけでなく、お悔やみのシーンでも見られます。

こちょうランという花は、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。

世に胡蝶蘭が広まっていくきっかけは、ヨーロッパ十九世紀に起こった大欄ブームだそうで、その神秘的な美しさが、もっと綺麗な欄を捜す事になり、現代こちょうランを発見する事に繋がりました。

開店いわいや開業祝でおくる花と言えば胡蝶蘭ですが、自分個人でおくるなら10000円~30000円程度のものでOKです。

ここ最近は、ウェブホームページを活用する方も多くなり、胡蝶蘭専門店も、インターネット通販への対応が進化しています。日本で生まれた花ではないのですが、明治時代に日本にもち込まれたそうです。咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、名付けられた名称がコチョウ欄ですが、綺麗さだけでなく花言葉(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。育て方にもコツのあるこちょうランですが、寒い所が苦手なのは、知っておかなければいけません。

熱帯地域が原産地なのですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。
適切な温度は20℃前後と言われていて、置き場所は通気性にも配慮してあげなければいけません。
環境次第ですが水やりも頻繁に行なう必要が無く、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。

貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、そんなに難しいことはありません。

1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢に植え替える方法も難しくないです。

しかしながら、寒さには弱いので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。

それと、直射日光もダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。フラワーギフトの場合、ラッピングも大切ですね例をあげると、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。人気のある花ギフトの通販店においては、ほとんどが、色を選ぶ事が出来るラッピングサービスを無料で行っています。

フラワーに添えるメッセージカードなども、価格にふくまれている通販ショップが増えています。

病院に入院している知人の見舞いとして、 心を温かくしてあげる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。優雅な胡蝶蘭を持ってお見舞いに行くときは、根を切り、花束にするなどして、根が付いた状態で相手に贈らないように気を付けてください。

そこさえ気を付ければ、胡蝶蘭は花粉もニオイも少ないですから、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。
携帯端末で手軽にインターネットが出来る今、フラワーギフトの通販ホームページも、最近ではスマホから簡単に注文できます。
しかも、多様なサービスも充実していて、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。

配送についても言えることで、国内スピード配達や、場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。フラワーギフトも便利になったものです。

お世話になってるサイト>>>>>ミディ胡蝶蘭が安い通販の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です